オリーブオイルが認知症予防の食事に良いというエビデンス

参考:アルツハイマー病の植物由来の治療薬候補物質を発見 | 国立研究開発法人

参考:高品質オリーブオイル、認知症の原因物質抑制か

2020年1月現在で認知症予防の薬は未だ開発出来ておりません。 悪化する要因として、いくつかの仮説が医学界では存在してます。 「オリゴマー仮説」というのは、アミロイドβオリゴマーという毒性の物質が脳に炎症を起こすことが記憶を悪くしているという理論です。 上記の2つの引用リンクは、2019年に発表されたオリゴマーの毒性をチロソールという成分で抑制できるという論文です。 チロソールとは、オリーブオイルに含まれるもので認知症予防として食事の際に摂取すると効果がるのではという国立研究センターの発表です。 この1ヵ月前にWHOから発表された研究内容では、地中海料理(オリーブオイル)を食事として取っても推奨は弱いということでしたが、「オリゴマー仮説」という点で世界で研究してなかったからではないでしょうか。

薬で研究が続けられていたのは、アミロイドβは除去する方法で、それは見つけられておりません。 オリゴマー仮説は、除去するのではなく毒性を低減することで脳に炎症を少なくさせるのが狙いです。 オリーブオイルは副作用もなく、認知症予防の食事として早い段階から愛用するのが良いと国立研究センターでは仰ってます。

この発表の以前から、海外では地中海式料理が認知症予防に良いと民間では言われてましたが、「推奨は弱い」とされてました。 認知症の進行を遅らせれる研究論文を探索の「WHO(世界保健機関)が2019年にガイドラインを発行」の表でもWHOはエビデンスは中程度だが推奨は弱いとは言ってます。 WHOの発表の後に日本でオリーブオイルを発表したので信頼性は高いのではないでしょうか。

イタリア人の認知症率は世界で2位

オリーブオイルの地元イタリアでは食事に使う人が多いので発症率が低いかというとそうではありません。 日本が1位で、イタリアが2位です。 もしオリーブオイルが認知症予防になるとしたら、こういう結果ではないと思うのが懸念材料ではあります。

カレーライスが良いというのは間違いだという研究データ

参考:WHO(世界保健機関)の認知症の国別調査

上記のサイトで日本語のPDFをダウンロードすることで2012年にWHOが世界各国で調査した有病率を見ることができます。 それまでは、「インドでは認知症になる確率が1/4と低い」というのが定説で言われておりました。 その統計から紐づけて、カレーのターメリックのクルクミンが認知症予防になると昔から言われてました。

参考:認知症少ないインド人 秘密は“カレー”にあった


しかし、WHOの国別の調査結果ではインドの有病率が低い訳ではないとの発表です。 昔は西アフリカやインドや発展途上国の村では、認知症が少ないととされてましたが、検査方法が一律でないのと気付きにくいという理由で、国別で差が出ていたとWHOは結論付けました。 ということは、国や地域によって認知症になる確率が異なることはないということです。

それに伴い今まで認知症予防にカレーライスが食事に良いという根本理論が崩されたことになります。 クルクミンというウコンに含まれるポリフェノールが良いという雑誌やテレビは未だに多いですが、信頼性は薄いと思います。

ワインが認知症予防の食事に良いという話は多いが

参考:認知症予防のための食事とは | 公益財団法人長寿科学振興財団

ワインに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があります。 認知症予防として、アミロイドの凝集を抑制するのにワインを食事として効果があると言われてますが、医学的エビデンスは低いです。 もしポリフェノールが良いとしたら、薬の開発に何年も手間取ることはなかったはずなのです。

シークワーサーのレビノチン

参考:抗認知成分ノビレチンの効果 | 東北大学

テレビで2019年10月放映された、脳を老けさせたくない人必見!『名医とつながる!たけしの家庭の医学』で最新の認知症予防法が判明で紹介されたのがレビノチン。 シークワーサーやポンカンに含まれる物質で、東北大学のマウス実験でもアミロイドβを50%減らすことができたと発表しております。 ただ2008年と古い実験内容なので、もしシークワーサーが認知症予防に良い食事なら、医薬品開発に今頃登場しているはずなので、人間には効果がなかったのかもしれません。 最近は、テレビの「たけしの家庭の医学」でも取り上げる機会が多いですが、見ていますとエビデンスが低いのが多いです。 2020年1月の放映でも、皮つきピーナッツを食べると、皮の成分に含まれるレスベラトールがアミロイドβを血管の外に排出と番組でありました。 また、唾液のNGFが増えると認知症予防にもなるとありましたが、いずれもエビデンスが低いと思います。

【まとめ】

認知症予防になる食事は色々と言われていますが、可能性があるとすると最新情報のオリーブオイルになります。 WHOでは1つの成分に拘らずバランスよく少量ずつ食べることが良いとしております。

認知症の進行を遅らせれる研究論文を探しました

このページの先頭へ